操作

Bright Blue

Bright Blue[1]
作詞 marhy
 
作曲 BNSI(kyo)
 
編曲 BNSI(kyo)
 
鷺沢文香(M・A・O) 
GAME
初出
スターライトステージ
(2016年2月26日) 
CD初出 CINDERELLA MASTER 031 鷺沢文香
(2015年2月4日)

メモ

【2017-09-11 デレラジ☆第71回】
MAOさん「(イリュージョニスタ!について)楽曲がすごいゴージャス感ある、奇術師みたいな感じの楽曲だったので、歌わせていただく時もすごく楽しかったですし。「咲いてJewel」の時はキリッとカッコよく歌いましたが「イリュージョニスタ!」のときは…なんか…」
4人「曲調全然違いますもんね。ジャズぽいというか。艶やかさみたいなのも」
MAOさん「楽しそうにらんらんと歌わせていただきました」
飯田さん「歌い方とか、この3年で変化はありましたか?」
MAOさん「文香さんはあまり声を張らない方なので、歌の時も、そんなに張らなくて大丈夫です、というディレクションをいつもいただくので、ありがたいことに。なので、いつものゲームのときの声量と同じぐらいか、ちょっとがんばったくらいのところで、させていただいてしています」
青木さん「Near to youとかであった、ふーとかいえーいとか。ぶっちゃけCAERULAのテンションも割と低めじゃないですか。特に文香さんは想像できなくて。あの文香さんのテンションでふーとかいえーを言ってらしたんですか?」
MAOさん「いってました。ちょっと控えめだけど、盛り上がって楽しんでます、というところで」
ルゥさん「周子が一番、いえーいと言えるようなキャラクターであるけど。ありすちゃんとか飛鳥とかイヤイヤ言わされてる感のいえーいになっちゃいそう」
佐藤さん「恥ずかしさみたいなところがまだ残ってた気がします」
青木さん「いちばん大変だった。クッ…てなりながら」
ルゥさん「なかなかいわなそうにないメンバーだからね」
飯田さん「ちなみにカードの台詞はどうですか?」
MAOさん「そうですね。台詞とかにもあるんですけど、だんだん年を経ていく毎に、ちゃんと自分でも成長したっていうことを自覚、ちゃんとひとつずつ丁寧に乗せていっている方というか。忘れないで大切にもって成長していっている方なんだなと思ったので。
カードを経るごとに、だんだん自信もついてきて、自信がついてきたことにいいんだろうかとなりながらも歩んでいく、みたいなところをしっかり出せたらいいなって思いながら収録をさせていただいております」


Bright Blue ライブの軌跡
披露0[2]
'


注記

  1. 基本クレジット表記は初出CDに準拠
  2. 2018年4月現在。注記の音源or映像商品は把握できているもののみ。曲のサイズは名前欄に補足ないものはすべてM@STER VERSION(フルサイズ)