操作

サイキック!ぱーりーないと☆

サイキック!ぱーりーないと☆[1]
作詞 坂井竜二
作曲 山崎真吾
編曲 山崎真吾
 
堀裕子(鈴木絵理) 
CD初出 STARLIGHT MASTER 14 情熱ファンファンファーレ(2017年11月8日)

メモ

【2017-11-07 情熱ファンファンファーレ発売記念ニコ生】
鈴木さん曰く…
ゆっこを演じてから5年は立つわけですが、2曲目くるとは正直思ってなくてですね。今でいうエモイですね!この曲は2曲目だからこそ、こういう曲ができたというか。1曲目にはこういう歌詞にならなかったなと思っています。というのも、プロデューサーへの感謝の気持ちが入ってて。「ミラクルテレパシー」が生まれてから、いままでプロデュースしてくれたプロデューサーさんに対して、ありがとうの気持ちが込めたれるなと思って、そういう意味でサイキックエモイ曲になっております。
2番のあと、Dメロにライブですごい楽しみな演出が入ってまして。
P、みなさんの「〇◦〇〇(まる・ちいさいまる・まる・まる)」をやることによって、この曲が本当に完成する仕様になっているんです。これをライブでやりたくて、私はそれを思い描きながらレコーディングさせていただきました。
この曲にはユッコの代名詞といわれている「むん」がめちゃめちゃ入っているんですよ。常に合いの手でむんむんむん、みなさんとアレをやったあとにまた、むんむんと、ずっとむんむん言っているんです。ライブのときはみなさんに「むん」という合いの手を入れてほしいなあ。
クリスマスツリーみたいにいっぱい飾りがついて完成するという、キラキラしたステキな曲になると思うので、みなさん楽しみにしていてください。
(そろそろライブで飛んだりしないんですか?)
私としては飛びたいですが、それはちょっとどうですかね。今までユッコはライブに4回参加させていただいているので、そろそろかなと。そろそろなんじゃないかなと思っています。成長してきたユッコ、いつ飛ぶのか注目してほしいと思います。


サイキック!ぱーりーないと☆ ライブの軌跡
披露0[2]
'


注記

  1. 基本クレジット表記は初出CDに準拠
  2. 2018年4月現在。注記の音源or映像商品は把握できているもののみ。曲のサイズは名前欄に補足ないものはすべてM@STER VERSION(フルサイズ)